Sponsored Link

 

西日本豪雨救済寄付!香港の仮想通貨取引所!1億円相当 世界最大の仮想通貨取引所「Binance」、

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00000047-zdn_n-sci

香港の大手仮想通貨取引所「Binance」(バイナンス)のジャオ・チャンペンCEOが7月8日、西日本で起きた豪雨被害に対して、100万ドル(約1億1000万円)相当を寄付するとTwitterで明らかにした。

チャンペンCEOは、「われわれの心は、西日本の被災者とともにある」とし、1億ドルの寄付をTwitterで発表。ビットコインかバイナンスコイン、日本円で寄付するという。パートナーにも寄付を呼び掛けている。

仮想通貨保有者は、Binanceを通じて匿名・顕名で寄付に参加できる。参加方法はWebサイトで説明している。

Binanceは、取扱高や収益で世界最大規模といわれる仮想通貨取引事業者。日本では3月、無登録状態で仮想通貨交換業を行っていると金融庁から警告を受けた。

【Binance バイナンス 購入・売却方法】仮想通貨

Sponsored Link

金融庁がバイナンス(Binance)に警告。警察の捜査も?

ヤフーニュースより引用

【有望な仮想通貨】ビットコインとイーサリアムの良いとこ取り「Qtum(クアンタム)」とは? 特徴、将来性、購入方法をご紹介します。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00010010-manetatsun-bus_all

仮想通貨中で最も有名なものが「ビットコイン」です。

そして次に有名なのが、時価総額2位で、スマートコントラクトなど優れた機能を実装している「イーサリアム」です。

仮想通貨は、すでに1700種類以上あるとされています。

1700種類もの仮想通貨の中で、ビットコインとイーサリアムの良い所を足して作られたのが「Qtum(クアンタム)」です。

【関連記事】 西日本豪雨被害の募金、ヤフーやLINEなど受付中 金融庁、海外の仮想通貨取引所「Binance」に対し警告 「日経の報道は無責任だ」 世界最大手の仮想通貨取引所「Binance」ジャオCEOが批判 ツイートシェアする最終更新:7/9(月) 12:51
ITmedia NEWS

Sponsored Link